保険っているのかな?

日本人は全て国民健康保険に加入する「皆保険制度」となります。
この人達はどうなるのでしょう!?「日本の制度」と「自分の国(外国)の制度」が違う事で戸惑う学生も多いと思います。
(汗)日本で外国人登録をしています。
そして、更に1年以上日本に滞在する予定の留学生の場合は、国民健康保険への加入が義務となります。
外国人の人も日本にいれば日本人と同じです。
健康保険を利用することが出来ると言う訳ですね。
そこで今回は、留学生が日本でする国民健康保険の手続きについて説明しますね。
<国民健康保険へ加入する手続き方法について>※外国人登録をした市区町村の国民健康保険担当窓口で行います。
最初に外国人登録証を持参してください。
それで窓口へ行きます。
それから窓口で国民健康保険に入りたい旨を伝えます。
その後交付された保険証を持ってから再度窓口へ行きます。
そして、所得がないことを告げてください。
そうすると毎月支払う保険料を減額してもらうことが出来ます。
実際にそんな人も少なくありませんよ。
いざという時に全額自費で病院へ行くのは金銭的にきついと思います。
お金が支払えない為に病院へ行けないと言うこともありますよね。
有意義に学生生活を送る為に、在日留学生の人は国民健康保険の手続きをしておいてほしいと思います。
(笑顔)