金利が低い今こそ住宅ローンを繰り上げ返済する

貯金はある程度必要ですが、色んな事を考えればそこまで貯金が必要でない事も有るでしょう。
そこで必要な貯金を残して、残りは住宅ローンを繰り上げ返済して少しでも将来の負担を減らしましょう。
その時に問題になるのが金融機関によって、繰り上げ返済する時に費用がかかる金融機関と無い金融機関が有ります。
無い金融機関なら考えることなく、繰り上げて返済する意味もまりますが、費用がかかるのであれば少し考える必要が有ります。
そういう時は銀行と相談のしどころです。
費用がかかるなら他の金融機関に住宅ローンを借り換える、という話をするのです。
繰り上げの費用は別段法律で決まっているわけではなく、各金融機関の判断で設定しているものなので、それを無くすように迫るのです。
今は金利も低いので、借り換えている方が増えています。
顧客が減るより繰り上げの費用を免除する方が、銀行としては利益が出るので、相談次第では繰り上げをする時の費用が免除されるので、駄目もとでローンを組んでいる金融機関に相談に行きましょう。
楽天銀行フラット35の減税は?住宅ローンのメリット!【長期固定金利】