FX取引で多いのは短期決戦のものです。

FXの主流は、短期決戦です。
通常、デイトレと呼ばれています。
デイトレの「デイ」とは、日本時間でいう0時?24時ではなく、ニューヨーク時間です。
要は、世界における金融は、ニューヨークを中心として動いているというわけなのです。
短期トレードは、価格が急激に変化する危険性が低めになりますが、その分、利益を大きく得にくくなります。
投資としてFXを始める場合に覚えておくことがFXチャートの読み方です。
FXチャートの役割は、為替相場の動きを表として図式化したものです。
数値ばかりではよく分かりませんが、分かりやすくするためにグラフ化をします。
FXチャートを上手く使わないと利益を上げることが困難なので、見方をいつでも頭に置いておいてください。
FXのトレードをする上で、とても大事なことは事前に、損切り価格を決めておくことです。
ロスカットは出てしまう損失の金額を最小限に抑制するために、ある一定の金額になったら取引を終了すると、決めておくことを指しています。
ずるずると損失が拡大するのを防止するためには、損切りを尻込みせずに行うことが重要です。